[お役立ちガイド]設置費用は全て用意する必要はありません

一時全国の原子力発電所が停止しましたが、最近になってまた原子力発電所の再稼働が話題となっています。
福島第一原発の悲劇を繰り返さないためにも、太陽光発電を利用して電気事情に協力をしてみませんか? 最近では自治体におきましても太陽光発電の助成金制度が続々と導入されてきていますが、そのような制度を実施している自治体の数はそこまで多くありません。
国の導入助成枠が埋まってしまった時には、自治体で利用することの出来る助成制度が無いかを確認しておきましょう。

 

助成金制度について東京都では、助成金の申請というのは太陽光発電の工事が全て終了しシステムの稼働開始後と決められています。
このことからJ-PECへの申込で受理をされなかった時でも、自治体の助成金の申請をすることが出来る場合もあります。

 

国の助成金制度とは異なっており、太陽光発電システム以外にもエコキュートなども存在しています。
中にはその他の省エネ設備と同時に導入をしなければ助成金制度をもらうことの出来ない制度の自治体もあります。



[お役立ちガイド]設置費用は全て用意する必要はありませんブログ:2018-08-15

普段、体操や食事をきちんとしていれば、
たまには外食を思い切り楽しんでも大丈夫!

本当に?と思われるかもしれませんが、
これが減量成功後のおれの楽しみなんです。

おれはあさ食をしっかり食べます。
しかも、びっくりするくらいの量。
でも、野菜や和食などバランスは摂れた食事です。

それに加え、
あさ早起きして食事前にジョギングをするなど、
しっかり体操と食事をする規則正しい生活をしています。

この生活があるからこそ、
外食などするときは思い切り楽しめるんです!

店をはしごしたりしますが、
だからといって、ぶくぶく太っているわけではありません。

これがもし、
食べない減量をしている人がやったら…
当然、次の日は体重が増えているでしょう。
おれも昔は何度も経験して、繰り返していました。

しかし、
減量に本当の意味で成功してからは
外食も気にせず楽しんでいます。

食べるものを神経質なまでに悩んだりせずにすむようになり、
体重増加に苦しむ毎日という事もなくなりました。

少しはしゃぎすぎたなと思う外食も、
リセットのできる体になったからなんですよね。

皆様は外食のたびに食べるもののカロリーを気にして、
本当に食べたい物ではないものを頼んでしまっていませんか?
外食に限らず、食事以外に食べたい!と思うものもあるかもしれません。

しかし体重が気になって食べられない。
悲しい事です。

こうならずに、
また終わらせるためにも、体操と食事は大切な事なんです。

減量後の楽しみを増やすためにも、
正しい食生活と適度な体操を続けましょう!