[お役立ちガイド]設置費用は全て用意する必要はありません

一時全国の原子力発電所が停止しましたが、最近になってまた原子力発電所の再稼働が話題となっています。
福島第一原発の悲劇を繰り返さないためにも、太陽光発電を利用して電気事情に協力をしてみませんか? 最近では自治体におきましても太陽光発電の助成金制度が続々と導入されてきていますが、そのような制度を実施している自治体の数はそこまで多くありません。
国の導入助成枠が埋まってしまった時には、自治体で利用することの出来る助成制度が無いかを確認しておきましょう。

 

助成金制度について東京都では、助成金の申請というのは太陽光発電の工事が全て終了しシステムの稼働開始後と決められています。
このことからJ-PECへの申込で受理をされなかった時でも、自治体の助成金の申請をすることが出来る場合もあります。

 

国の助成金制度とは異なっており、太陽光発電システム以外にもエコキュートなども存在しています。
中にはその他の省エネ設備と同時に導入をしなければ助成金制度をもらうことの出来ない制度の自治体もあります。



[お役立ちガイド]設置費用は全て用意する必要はありませんブログ:2018-06-03

母の肉体というのは、
赤ちゃんを産んでから3年間は
母性ホルモンが大量に分泌されるので、
この間は赤ちゃんを育てることを第一に置かねばならない。

3年間も育児をやっていれば、
育児の仕方はなんとなくわかってくるし、
それに母性ホルモンが大量に分泌されることで
自分の体型を母体型に変えられるので、
体力的に無理なく育児をし続けることができるようになる。

しかし
お子様がいては仕事ができなくなるというのも事実である。

本来ならこの時期、育児に専念した方がいいのだから、
もしも仕事をするなら、自宅で仕事をするとか、
自分の母か旦那の母に
お子様を預けて仕事をするしかない。

でも、自宅で仕事ができず、
自宅の周りに自分の母や旦那の母がいないなら、
保育園に預けるしかないのである。

保育園というのは、
あくまでも母の都合によって生まれたものであり、
必要悪の存在だと言える。

経済的に余裕があるのなら、
保育園などにはお子様を預けない。

保育園にお子様を預けねば仕事ができず、
仕事をしなければ生活が成り立たないからこそ、
母の方も未練たらたらでお子様を預けるのだ。

保育園というのは幼稚園とは決定的に違い、
保育園は大きくあるべきではなく、小さくあるべきなのである。

お子様は3歳まで、
小さな世界で育てるからこそ、脳が健全に育って行くのであって、
余りにも大きすぎる場所で育ててしまうと、
脳が健全に育たなくなってしまう。

だからこそ保育園は小さな組織であるべきなのであって、
保育士たちは常時、お子様たちに目を届かせなばならないのだ。