[お役立ちガイド]設置費用は全て用意する必要はありません

一時全国の原子力発電所が停止しましたが、最近になってまた原子力発電所の再稼働が話題となっています。
福島第一原発の悲劇を繰り返さないためにも、太陽光発電を利用して電気事情に協力をしてみませんか? 最近では自治体におきましても太陽光発電の助成金制度が続々と導入されてきていますが、そのような制度を実施している自治体の数はそこまで多くありません。
国の導入助成枠が埋まってしまった時には、自治体で利用することの出来る助成制度が無いかを確認しておきましょう。

 

助成金制度について東京都では、助成金の申請というのは太陽光発電の工事が全て終了しシステムの稼働開始後と決められています。
このことからJ-PECへの申込で受理をされなかった時でも、自治体の助成金の申請をすることが出来る場合もあります。

 

国の助成金制度とは異なっており、太陽光発電システム以外にもエコキュートなども存在しています。
中にはその他の省エネ設備と同時に導入をしなければ助成金制度をもらうことの出来ない制度の自治体もあります。



[お役立ちガイド]設置費用は全て用意する必要はありませんブログ:2018-09-28

皆様は、
授業中や会議中など「シーン」とした場で
腹が「グー」と鳴ってしまい、
恥ずかしい思いをした経験はありませんか?

この「グー」という音の正体は
胃の中の空気なんですって!

血液中の糖分が少なくなると
脳が体にサインを送り、
空腹感を感じるようになります。

すると
胃は食べ物が入ってくる準備をします。
このとき胃の中の空気も一緒に腸に送られ、
腹の音が発生するそうなんです。

空腹時に腹が鳴るのは自然なことなので、
止めることはできませんが、
腹の音をコントロールする方法はあります。

「腹が鳴ったらすぐ何か食べればよい」
と思いがちですが、実は逆効果なんですよね!

間食は胃酸の分泌のバランスを崩し、
余計腹が鳴りやすくなります。

連日3食を同じ時間に
ある程度決まった量を食べることで
空腹になる時間も定まり、
突然の「グー」という音に悩まされることがなくなりますよ。

とは言え、
夕食から朝方食まで時間があきますよね。

さらに朝方食を抜かしてしまうと空腹感が一層高まり、
腹の音の原因になります。
朝方食はしっかり食べて、1日をスタートしましょう。

血糖値の上昇が緩やかな、
玄米、小麦全粒粉パン、そば、さつまいも、
豆類、牛乳、チーズ、肉類、魚貝類といった食品は
空腹感を感じるまでに時間がかかりますが…

パン、うどん、パイナップル、じゃがいも、
ケーキやドーナツなど甘いものは、
腹がすきやすいので、要注意ですよ。

こういった方法で
腹が鳴るのを防ぐことができます。
できることから少しずつ始めてみてくださいね。