[お役立ちガイド]一昔前よりも太陽光発電の導入費用が下がっている

[お役立ちガイド]一昔前よりも太陽光発電の導入費用が下がっている


[お役立ちガイド]一昔前よりも太陽光発電の導入費用が下がっている
続々と太陽光発電が導入されつつあり、多くの企業が社会貢献活動に力を入れています。
地球環境という大きな貢献に企業のイメージアップ、そしてそれが収益にも大きく影響を与えることでしょう。 一般家庭に太陽光発電システムの設置が始まった当初には、1kwで約200万円程度の非常に高価なものだったのです。
しかし現在では1kwで65万円〜67万円程度に価格が低下し、比較的多くの家庭で導入しやすくなりました。

太陽光発電の工事単価というのは太陽光発電システム導入の工事価格をシステムの容量で割った金額となります。
もし太陽光発電の導入をこれから検討しようと考えている人は、それを目安として工事単価を知っておくと良いでしょう。

住宅の屋根型や、システムの規模、さらには太陽電池の種類によりまして工事単価は異なってくるのでご注意ください。
まず最初は太陽光発電の設置業者に問い合わせをしたり、太陽光発電の比較サイトなどをチェックしてみると良いでしょう。




[お役立ちガイド]一昔前よりも太陽光発電の導入費用が下がっているブログ:2018-04-12

1週間くらい前、久しぶりにお墓参りに行ってきました。
結婚してからずっと遠のいていた、生家のお墓参りです。

わしが結婚をしたのは1994年ですので、
それ以降に法事などでちらっと訪れたことはありましたが、
お墓参りを目的にして行くのは、本当に久しぶりでした。

わしの両親は、どちらも静岡県の出身です。
お墓周辺の駅がだいぶ変わったという話も聞いていたので、
三重県に住んでいる両親に場所を再確認したところ、
祖母の米寿祝もかねて、
両親と一緒にお墓参りに行くことになったのでした。

すでに高齢の両親、
最近では電車での移動が多くなってきたそうですが、
この日は父親が車を出してくれることになりました。

最寄り駅で待ち合わせ、いざ出発!
久しぶりの名古屋の市街を走り、
東名高速道路に…と思いを馳せる間もなく、
わしは車の中で眠りこけていました。

気づくと、父親の実家のある某市に到着。
早速、お墓参りです。

毎月、1日と15日には
父親の生家が訪れるそうで、
わしが行ったときにも、数日前の花が残っていました。

父親の生家は商売をしていて、
祖父から伯父(父の兄)、そしてそのむすこへと受け継がれ、
現在はわしにとっての従弟が跡を継いでいます。

お墓はずっと前に訪れたときと変わりなく、
同じ場所で同じように静かにそこにいて、
じっと見守ってくれているようでした。

わしが訪れていない間も、わしの知らないところで、
こうしてお墓を守ってくれていた人たちがいてくれて、
変わらない連日を過ごせていたのだ…と深く感じ入り、
感謝の気持ちで墓前に手を合わせたのでした。

わしたちも連日を無事に過ごせていることに感謝をして、
お墓参りを終えました。
[お役立ちガイド]一昔前よりも太陽光発電の導入費用が下がっている

[お役立ちガイド]一昔前よりも太陽光発電の導入費用が下がっている

★メニュー

[お役立ちガイド]一昔前よりも太陽光発電の導入費用が下がっている
[お役立ちガイド]そもそもどの程度の発電量があるのか?
[お役立ちガイド]非常に長持ちする太陽光発電
[お役立ちガイド]強引に勧めてくる業者は大変怪しい
[お役立ちガイド]日中は自前で夜間は他力でという特徴
[お役立ちガイド]家庭用の交流電力に変換する機能を持ったパワーコンディショナー
[お役立ちガイド]太陽光発電のパネルは長期の耐久性を持っている
[お役立ちガイド]何と言っても電気代が安くなるのがメリット
[お役立ちガイド]投資回収で導入する方が90%以上を占めている
[お役立ちガイド]設置費用は全て用意する必要はありません


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)安心安全な太陽光発電で電力確保