[お役立ちガイド]一昔前よりも太陽光発電の導入費用が下がっている

[お役立ちガイド]一昔前よりも太陽光発電の導入費用が下がっている


[お役立ちガイド]一昔前よりも太陽光発電の導入費用が下がっている
続々と太陽光発電が導入されつつあり、多くの企業が社会貢献活動に力を入れています。
地球環境という大きな貢献に企業のイメージアップ、そしてそれが収益にも大きく影響を与えることでしょう。 一般家庭に太陽光発電システムの設置が始まった当初には、1kwで約200万円程度の非常に高価なものだったのです。
しかし現在では1kwで65万円〜67万円程度に価格が低下し、比較的多くの家庭で導入しやすくなりました。

太陽光発電の工事単価というのは太陽光発電システム導入の工事価格をシステムの容量で割った金額となります。
もし太陽光発電の導入をこれから検討しようと考えている人は、それを目安として工事単価を知っておくと良いでしょう。

住宅の屋根型や、システムの規模、さらには太陽電池の種類によりまして工事単価は異なってくるのでご注意ください。
まず最初は太陽光発電の設置業者に問い合わせをしたり、太陽光発電の比較サイトなどをチェックしてみると良いでしょう。




[お役立ちガイド]一昔前よりも太陽光発電の導入費用が下がっているブログ:2019-02-04

現在、オレは、
1歳10ヶ月になる息子の育児の真っ最中。

多少の前後はあるものの、
彼の現在の生活は朝方6時半起床、
午後1時から3時まで13時寝、17時8時が就寝という時間で
毎日規則正しい。

一日三度の食べる事の時間も
朝方7時、13時12時、夕方6時とほぼ固定されており、
その合間に散歩にでかけたり、
公園に遊びに行ったりなどの外出がある。

もちろんそれは母親であるオレのナビゲーションの元にあるわけで、
オレの生活リズムもそれに即したものになる。

食材の買い出しや、料理、掃除や洗濯などの
毎日の家事を彼の時間に合わせてこなす結果、
同様にオレの生活時間も規則正しいものとなった。

日中、家事や育児に追われ、17時に彼が寝たあと、
俗に言う「自分の時間」というものが生まれるが、
産前の頃のように夜更け遅くまで、日本酒を飲んだりは絶対にしない。

なぜなら、
1日後も朝方6時半から体力勝負の育児が始まるからだ。

もちろん、出産以前に仕事をしていた頃にも
ある程度決まった生活時間帯で日常を送っていた。

しかしそこには、
「今日は特別」「1日後はごろごろしよう」
という日が必ずあった。

だが、現在の育児中にその「例外」は発生しない。
なぜなら彼にはまだ土日、祝日、正月などないからだ。
年中無休、一年365日この生活パターンなのだ。

ところで
皆さんご存知のアメリカメジャーリーグで活躍中のイチロー選手。
毎日、野球の練習に打ち込む姿のコマーシャルから採って、
現在のオレの生活を見たいもうとは、
オレのことを「イチロー姉さん」と呼ぶ。

コツコツと、同じことを毎日淡々と休むことなく…
もちろん全く違う生活ではあるが。

[お役立ちガイド]一昔前よりも太陽光発電の導入費用が下がっている

[お役立ちガイド]一昔前よりも太陽光発電の導入費用が下がっている

★メニュー

[お役立ちガイド]一昔前よりも太陽光発電の導入費用が下がっている
[お役立ちガイド]そもそもどの程度の発電量があるのか?
[お役立ちガイド]非常に長持ちする太陽光発電
[お役立ちガイド]強引に勧めてくる業者は大変怪しい
[お役立ちガイド]日中は自前で夜間は他力でという特徴
[お役立ちガイド]家庭用の交流電力に変換する機能を持ったパワーコンディショナー
[お役立ちガイド]太陽光発電のパネルは長期の耐久性を持っている
[お役立ちガイド]何と言っても電気代が安くなるのがメリット
[お役立ちガイド]投資回収で導入する方が90%以上を占めている
[お役立ちガイド]設置費用は全て用意する必要はありません


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)安心安全な太陽光発電で電力確保